通信制高校の特徴と通う場合の学費について

通信制高校は、正式名を高等学校通信教育といいます

普段は自宅で勉強することが可能で、定期的に教室に通い面接指導や添削指導を受ける通信制高校は、正式名を高等学校通信教育といいます。
毎日学校に通う全日制と違い、授業時間に縛られることがないので、仕事やその他の活動と勉学を両立したい人に向きます。
また、何らかの理由で学校に足を運べなかったり、集中して学べない人にとっても役立つ教育制度となっています。
高校が用意した施設や、高校と連携する学習センターに通い、そこで学べる場合もあります。
いずれにしても、月に数回スクーリングを受けることは不可欠ですから、通信制といっても完全に通信のやり取りで済むわけではないです。
一方、単位を修得して進級したり、卒業やその後の進学や就職を目指すのは、一般的な全日制と同様です。
単位認定や卒業条件は学校によりますが、無事に卒業できれば大学受験の資格が得られるのは確かです。
通信制高校にも公立と私立があって、やはり学費や入学条件、入学のタイミングなどに違いが存在します。
学費の目安は公立が年2〜3万円、私立は10万円以上となっていますから、通信制であっても決して安くはないといえるでしょう。
具体的には、何かと諸経費が発生する初年度の公立が約3万円ほど、就学支援金支給ありだと2万円くらいが目安です。
私立は学校ごとの方針が大きく異なるので、初年度は25万円〜45万円、就学支援金込みで10万円〜25万円ほどとなります。
ただしこれは自宅学習を中心としたコースの場合で、通学ならそれぞれ50万円〜100万円以上、30万円〜100万円ほど掛かります。
就学支援金は保護者の所得に応じて、受けることができるか否かが決まります。
学費の節約には欠かせない制度ですから、金銭的に余裕がなければ積極的に活用したいところです。

今話題の通信制高校「N高等学校」を目指すなら中学進学の段階で「N中等部」に入学 (転校) するのも良いね、そのまま内部進学的な。
学費が高くて、いかにも “私立” って感じだけど (法的にはフリースクール扱い) 。


N中等部https://t.co/PwFHukhwvO

— ぎょぴ人 (@Gyopihito) 2019年11月27日

通信制高校は、正式名を高等学校通信教育といいます : 家庭の経済的な理由で通信制高校を選ぶ人はほぼ公立一択 : 私立を選ぶ場合も就学支援金を活用するのがおすすめ

通信制高校 学費通信制高校は、東京・大阪・兵庫の相生学院 ...